女性らしさのために|疲労回復を上手に取り除く技|忙しいあなたに
レディ

疲労回復を上手に取り除く技|忙しいあなたに

女性らしさのために

お腹

女性らしい体つきや肌質のために、大豆がよいというのは周知の事実です。大豆にはイソフラボンという成分が含まれていて、それが女性ホルモンと似ているためです。ただ、このイソフラボンの効果には個人差があります。この個人差が生まれる原因は、イソフラボンを腸内でさらにエクオールという成分として吸収できる人とできない人がいるからです。日本人の半数はエクオールという成分を腸内で作ることができ、ヨーロッパ人に比べるとその割合は大きいですが、日本人の食生活が西洋化していることで若い人ほどエクオールを作る機能が減ってきています。自分がエクオールが作ることができる体質かどうかは尿検査で簡単に調べることができます。大豆を毎日100グラム食べ続けることで、エクオールが作られやすくなります。

女性は閉経期のときに女性ホルモンが一気に減少して、体内のホルモンバランスが崩れ、さまざまな体調不良を引き起こします。特徴的な症状として、めまいやほてり、イライラや憂うつなどがあげられます。体内で女性ホルモンが作られない代わりに、女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれる食品をとると、これらの症状が緩和されます。ただし、イソフラボンをエクオールとして腸内で吸収できる人には効果が絶大ですが、エクオールを作ることができない人では効果を感じることは少ないです。もし、自分が大豆などを食べていても更年期障害の症状が緩和されないと感じるならば、エクオールが含まれるサプリメントに変更することをおすすめします。ただ、このエクオールも大豆が原料になっているので、大豆アレルギーの人は注意が必要です。